Ark Survival Evolved

【Ark ラグナロク】トゥソテウティス(イカ)がいない?生息地と簡単テイム方法を紹介!

トゥソテウティス通称イカ。

Ark(アーク)でトゥソテウティス(イカ)といえば、遭遇したら絶望する海中トラウマランキング一位の恐竜。

そんなトゥソテウティス(イカ)をテイムしてやる!と、闘志に燃える方はいませんか?私がそうです(笑)。

しかしいざ探すといない。呼んでいない時には現れるくせに!

そのような方のためにこの記事では、Ark(アーク)のラグナロクマップでのトゥソテウティス(イカ)の生息地と簡単にできるテイム方法を紹介します。

トゥソテウティス(イカ)の特徴

トゥソテウティス(イカ)の最大の特徴は、捕縛攻撃ができることです。

Ark(アーク)の恐竜唯一の特徴であり、それゆえ海中では恐るべき敵といえるでしょう。

また捕縛時の攻撃は、自身の体力回復効果と、対象の気絶値を上げる効果も備えています。

そのため、テイムすると海中恐竜の昏睡テイムにも役立つ優れものです!

トゥソテウティス(イカ)は戦闘にも長けており、捕縛攻撃はもちろん、耐久戦が可能な高い体力と攻撃力が自慢です。

秒間ダメージは海中恐竜でもトップ高クラスの性能を誇ります。

なにより移動スピードは他の海中恐竜に比べ、群を抜いています。

イカ墨を吐き、一定時間移動速度をあげる特技もあるため、例え敵対恐竜に囲まれても難なく逃げることができるのです。

電気耐性はないので、海中最強のクラゲには注意が必要ですが、移動速度の高さからクラゲの放電攻撃からも逃れることは可能です。

また大型の恐竜であるため、マンタなどの小型恐竜に絡まれると少し面倒ですが、攻撃されても構わず無視して進める移動速度があるため問題ありません。

トゥソテウティス(イカ)の生息地【ラグナロク】

ラグナロクはArk(アーク)の中でも海が広いマップです。

そのためどれだけ探してもトゥソテウティス(イカ)がいない?と思われる方もいるかと思います。

ラグナロクのトゥソテウティス(イカ)は、ある場所に集中して生息いるため、闇雲に探してもなかなか見つかりません。

以下の画像がトゥソテウティス(イカ)の生息地ですので、参考にしてください。

イカの生息地

ここは確かにトゥソテウティス(イカ)が生息していますが、むしろ沢山いすぎて超危険地帯になっています。

対策なしに突入すれば、まず倒されますので、しっかり準備することと、トゥソテウティス(イカ)が目的でなければ近づかないようにしましょう。

イカ群による宴会の様子

簡単テイム方法

トゥソテウティス(イカ)は手渡しテイムです。

でもトゥソテウティス(イカ)は捕縛攻撃もしてくるし一見無理じゃん?と思われる方もいるかもしれませんが、実はそう難しくありません。

準備は確かに必要ですが、しっかり準備すれば簡単で確実にテイムできるので、是非お試しください。

バシロサウルスを用意する

トゥソテウティス(イカ)は捕縛攻撃をしてきますが、恐竜に騎乗した状態でそのまま捕縛されると騎乗が解除されます。

トゥソテウティス(イカ)が沢山いる海中で騎乗解除されてしまうと非常に危険です。

そこで活躍するのが、バシロサウルス君!

バシロサウルスは電気や捕縛攻撃が一切効きません。

そのため、トゥソテウティス(イカ)から捕縛攻撃を受けても何食わぬ顔ができます(´▽`)。

そして体力も高いので、トゥソテウティス(イカ)からの捕縛以外の攻撃にも耐えうる耐久力もあります。

以上の理由から、トゥソテウティス(イカ)のテイムにはバシロサウルスが必須といっても過言ではありません。

バシロサウルスの簡単テイム方法は以下の記事にまとめてあるので、まだテイムしていない方はぜひご一読ください。

【Ark バルゲロ】バシロサウルスがいない?生息地と簡単テイム方法を紹介!

耐性持ちの海中探索のオトモ、超万能恐竜バシロサウルス。 Ark(アーク)をプレイしていると、資源集めや洞窟攻略で海中探索する機会がでてきます。そんな時頼りになる恐竜が、バシロサウルスです。 しかしバル ...

続きを見る

捕縛させるオトリが必要

トゥソテウティス(イカ)は手渡しテイムではありますが、少し特殊で、捕縛攻撃中にしかエサを与えることができません。

そのため、あえて捕縛攻撃を受ける必要があり、そのためのオトリも必要です。

先ほど紹介したバシロサウルスは、捕縛攻撃が効かないのでオトリにはできません。

ではどの恐竜をオトリに使うのかですが、トゥソテウティス(イカ)はどの恐竜でも捕縛攻撃を仕掛けてくるため、捕縛が効く恐竜であればなんでもいいです。

しかし捕縛されたオトリがすぐに死んでしまっては意味がありませんので、耐久力のあるオトリを用意しましょう。

私のオススメはスピノサウルスです。

スピノサウルスは体力も高めで耐久力もそこそこ、なにより陸上恐竜でありながら基礎酸素値が高いです。

ステータス振りをおこない、体力10000、酸素値3000程あればオトリには問題ないでしょう。

ステータスを高めにしておけば、万が一死んでしまうことも減るので、上げれるだけレベルは上げていくとよいでしょう。

スピノサウルスのテイムは、それほどハードルも高くなく簡単ですので、あらかじめ用意しておきましょう。

スピノサウルスの簡単テイム方法については、また別の記事でご紹介します。

さて実際のトゥソテウティス(イカ)のテイムについてですが、スピノサウルスを捕縛させることは簡単です。

トゥソテウティス(イカ)に限らず、ほどんどの野生恐竜は一番近い恐竜やサバイバーを攻撃するため、オトリ恐竜をトゥソテウティス(イカ)のそばに配置するだけです。

配置したら自分は速やかに下がり、トゥソテウティス(イカ)がオトリに捕縛攻撃をするのを待ちましょう。

オトリが捕縛されたら、すぐにテイムしにいきましょう。

スピノサウルスがイカに捕縛される様子

トゥソテウティス(イカ)のエサは黒真珠

トゥソテウティス(イカ)のテイム時のエサは「黒真珠」です。

黒真珠は貴重な資源ではありますが、実はトゥソテウティス(イカ)を倒すとドロップするんです。

もし持ち合わせがなければ、先に低レベルのトゥソテウティス(イカ)を倒してゲットしておきましょう。

バシロサウルスなら問題なく倒すことができます。

黒真珠が準備できたら、アイテムスロットの一番右にセットし、オトリ恐竜が捕縛攻撃をされている状態で手渡しします。

ここで注意する点は2つあります。

1つ目は、黒真珠が重いことです。

テイムに必要な黒真珠の数は、テイムするトゥソテウティス(イカ)のレベルにより変わりますが、大体50~200個は必要です。

それを手持ちに加えるとそれなりの重量になるため、サバイバーの重量を上げておく必要があります。

余分な物を持たなければ、総重量500程度で問題はありません。

2つ目は、インタラクト位置です。

ただ接近してエサを与えようとしても上手くいきません。

インタラクト位置は結構シビアで、口元まで近づかないといけないため、以下の画像を参考にしてください。

エサのインタラクト位置

捕縛攻撃は時間で解除されてしまうため、オトリ恐竜が捕縛されたら素早く移動しエサを上げましょう。

まとめ

以上、Ark(アーク)のラグナロクマップでのトゥソテウティス(イカ)の生息地と簡単にできるテイム方法を紹介しました。

移動面、戦闘面でも海中探索のオトモにぴったりのトゥソテウティス(イカ)ですが、しっかり準備をおこなえば簡単にテイムできるので、まだ手に入れていない方は是非テイムしてみて下さい。

バシロサウルスやスピノサウルスのテイムも比較的簡単にできるので、体力の高い個体をテイムできると心強いです。

スピノサウルスはオトリ用なので、必ず指示を無抵抗にしておくことを忘れないでください。

※クリックするとGoogle Play ストアに移動します。

 

-Ark Survival Evolved

© 2022 EXblog