Apex Legends

【Apex】アリーナランク初心者卒業はいつ?人口分布で自分の強さを確認だ!

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のアリーナランクについて、自分がまだ初心者なのか不安な方はいますか?

ランク分布から、各ランク帯の人口を確認して、自分がどれくらいの強さなのかを判断できるため、自分がまだ初心者なのか、もう猛者の仲間入りを果たしているのか確認しましょう。

今回はアリーナランクについてですが、通常モード(バトロワ)ランクについても別記事でまとめていますので、興味がある方はぜひお読みください。

Apex Legendsのランク分布!ps4や人口の分析、強さの指標を解説

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のランクモードについて、ランク分布やPS4版・PS版での人口などを分析しました。 ランクごとの強さの指標や、上に上がるために大切なことも解説しましたの ...

続きを見る

Tracker Networkでランク分析!

Tracker Networkを使用してランクの分析ができるので、是非利用してみてください。

Tracker Networkはこちらです。

Tracker Networkとは、ゲーム戦績を分析が可能な無料サイトです。

Apex Legendsやオーバーウォッチ、レインボーシックスなど、様々なオンラインゲームタイトルに対応しております。

無料で利用できますが、複数のサポートを利用するためには追加料金を支払う必要があります。

無料版でも分析する程度なら十分使用できますよ。

今回紹介するのはランク分布についてですが、それに限らずキャラクターの使用率や平均キル数、ダメージ分布など様々な情報が確認できるため、気になる方は一度確認してみて下さい。

このサイトに表示される情報は、Apexの総プレイヤーについてではなく、Tracker Networkに登録されているプレイヤー約1500万人による情報です。

とはいっても、Apexの総プレイヤーに対しても基本的にはこの分布率に沿っていると考えていいでしょう。

アリーナランクの人口分布率

これから紹介するのはApex LegendsのPC、PS4、Xboxと全てのプラットフォームに対しての人口分布率です。

それぞれのプラットフォーム単体で見たとしても、分布率はあまり変化ありませんでした。

以下の画像及び表が、2021年11月22に調べてみた結果です。

分布の形はなんとなく正規分布みたいになっていますね。

正規分布とは、統計学で出てくる用語ですが細かいことは置いといて、要は分布の形がきれいな山の形みたい!ということです。

次に分布率です。上のグラフを数値にしたものになります。

ランク帯分布率[%]人口[人]
ブロンズ帯6.5233,072
シルバー帯28.55313,446
ゴールド帯31.85114,999
プラチナ帯18.1398,542
ダイヤ帯9.1694,318
マスター帯2.5801,215
プレデター帯3.1851,500

全体の人口が47,096人です。

ゴールド帯が一番多く、30%を超えていますね。

上で説明した通り、Apexの総プレイヤーのデータではないため人口についてはあまり意味を持ちませんが、分布率は参考にしてよいかと思います。

分布の形からみる分析 強さの指標①

分布が正規分布みたいと上で記述しましたが、それがどういうことなのかよくわからないという方も多いかと思います。

まずイメージできるように他の正規分布になりがちな例を上げると、学校のテストが挙げられます。

大体の場合は平均点付近の点数の人口が多く、それ以上とそれ以下が少なくなっていく、という感じで山なりに人口分布がされています。

つまり、学校のテストで自分の点数が平均点付近であれば、自分と同じくらいの点数の人は多く、逆に自分の点数が平均点から極端に低かったり高かったりしたら、自分と同じくらいの点数の人は少ない、ということになりますね。

このような学校のテストと同様に、Apex Legendsのアリーナランクの人口分布も正規分布のようになっています。

つまり、分布率の高いゴールドがホームで、そこからブロンズあるいはプレデターに近づけば近づくほどアウェイ!

ゴールドに上がれば、全体からみても一番多いランク帯に食い込むことを意味していますので、初心者を卒業したと胸を張って良いと思います。

そしてプラチナを超えた辺りから、上へ行くほど並み外れていくということになりますので、友達に自身を持って自慢して良いかと思いますよ!

分布率から見る分析 強さの指標②

先ほどは分布の形からプレイヤーの強さを評価をしました。

今度は分布の形からではなく、ランク帯ごとの分布率の数値からプレイヤーの強さを評価してみたいと思います。

以下は、ランク帯ごとの強さの例えです。あくまで私の考えで、備考も私の独断ですが、参考にしてみて下さい。

ランク帯割合備考
プラチナ帯約3人に1人(上位35%)

珍しさ(例):日本で関東在住

初心者卒業で上位プレイヤーの仲間入り
ダイヤ帯約7人に1人(上位15%)

珍しさ(例):花粉症の発症

頼られる側の人間になる
マスター帯約20人に1人(上位5%)

珍しさ(例):年収700万円以上

爪痕・ダブハンとはお友達
プレデター帯約33人に1人(上位3%)

珍しさ(例):苗字が佐藤か鈴木

敵にいたら逃げろ!

味方にいたら頼れ!

まとめ

以上、Apex Legends(エーペックスレジェンズ)のアリーナランクの人口分布について解説しました。

総プレイヤーからの分析ではないので多少誤差はありますが、大体はこの分布率になるとおもいます。

グラフや表から分かる通りゴールド帯が一番人口が多く、そこを超えられるかが大きな節目になるかと思います。

ですのでプラチナにいけたら十分初心者卒業ですね。

こうしてグラフや表を見てみると、自分が全体から見てどれくらいの強さに位置しているのか確認できるので、自分の目標を立てる時にも役立ちますよ。

-Apex Legends

© 2022 EXblog