Stardew Valley

【stardew valley】マルチプレイ攻略!PS4版のやり方から序盤攻略までを解説!

牧場管理から町のおつかいまでさまざまな仕事があるゲーム【stardew valley(スターデューバレー)】ですが、マルチプレイに対応しています。

シングルでもやりごたえのあるこのゲームですが、マルチでは仲間と協力しながら、お金を稼ぎ、目的を達成する楽しさが味わえます。

今回はPS4版でのマルチプレイのやり方、マルチ序盤攻略について解説します。

画像は『stardew valley』のHPから引用

PS4版マルチプレイのやり方と注意点

PS4版のstardew valley(スターデューバレー)では、最大4人まで同時にプレイすることができます。

マルチプレイは、ローカルプレイとオンラインプレイの2種類があり、ローカルプレイでは画面分割で、オンラインではそれぞれの画面で楽しむことができます。

ローカル・オンラインどちらもまずホストとなるプレイヤーが農場を開設する必要がありますが、新しい農場、既存の農場どちらでもかまいません。

ホストが農場を開設すると、参加者は開設された農場に入ることができます。

プレイ中の詳細設定で、フレンドだれでも参加できるようにする場合と、開設後にホストが招待を送った場合のみ参加できるように変更が可能です。

ホストはいつでも農場に入ることができますが、参加者は1度入った農場でもホストがいない場合は参加することはできません。

では、マルチプレイで新しく農場を開設する場合のやり方と注意点を説明します。

マルチプレイのやり方

  1. ホストが【CO-OP】モードを選択

    stardew valleyのメインメニュー画面

  2. オンラインか分割画面を選択

    CO-OP選択画面

  3. 参加かホストを選択できるので、ホストを選択

    オンライン選択画面(ホスト)

  4. 自分のキャラクターメイキング、開始人数、利益幅、マネースタイルなどを選択

    メイキング画面

  5. 参加者はホストが農場を開設できたら、3のステップで参加画面からホストの農場に参加

    オンライン選択画面(参加)

新しく農場を開設する場合の注意点は、参加人数・マネースタイル・利益率です。

メイキングの注意点について

参加人数は、開始時の小屋の個数で変わりますが、この項目を参加予定人数より少なくしてしまうとすぐには参加できなくなってしまいます。

小屋の数を間違えてしまった、あるいは後から参加人数を増やしたい場合は、大工のロビンのお店で小屋を立ててもらえば後から参加することができます。

開始直後に間違えてしまった場合はやり直してもいいですが、小屋の代金は100Gと石10個しかかからないため、後から参加人数を増やす場合はわざわざやり直す必要はありません。

またマネースタイルは【共有】と【分割】と選択できます。

分割はそれぞれがお金を管理することになりますが、共有ではお財布が一緒なので注意が必要です。

共有でのお金の管理については後ほど解説します。

利益幅については、ノーマル(100%)・75%・50%・25%と変更ができます。

初心者の方は利益幅はノーマルでいいでしょう。

シングルで遊んだ経験があり、難しい状態でプレイしたい方は利益幅を下げてプレイするとよりやりごたえのあるゲームになるため、試してみてください。

マルチ序盤攻略

マルチプレイで注意しなければならない点は、一時停止がないことです。

シングルプレイでは、メニュー画面やNPCとの会話中などでは自動的に一時停止になり時間の経過が止まりますが、マルチプレイではそれがありません。

前日のうちに翌日の目標を決めてから寝るようにして、時間の無駄を削減するようにしましょう。

とはいっても経過日数でおこなわれるイベントや施設の開放などは、シングルプレイと進行度合いは変わりません。

そのためゲーム開始直後はやれることが少ないので、のんびり畑仕事や、牧場の整備などの基盤作りの時間になると思います。

担当業務を決めよう

序盤ではカバンの購入や道具の強化など、とにかくお金が沢山必要です。

そのわりお金を多く稼ぐ手段が少ない序盤では、釣りや鉱山などの開放に伴い、担当業務を決めておこなうとよいでしょう。

みんなで釣り、なんかも当然楽しいですが、相応の時間とエナジーがかかるため、始めのうちは各自しっかりお金を稼ぐために1日ずつ働く必要があります。

特に鉱山は複数で入る必要はありません。

確かに1人よりは複数の方が効率はよいかもしれませんが、鉱山はお金稼ぎにはあまり向いていません。

そのため鉱山担当、農業担当、釣り担当、などを決めてエナジーと時間を確認しながら行動するようにしましょう。

毎日同じ担当業務にする必要はありませんが、得手不得手もあるでしょうし、釣りや戦闘はやらなければスキルが上がらないため、同じ人が継続しておこなった方が効率はいいです。

例として、私は普段フレンドと2人でプレイすることが多いですが、その場合は私が鉱山や散策、フレンドが釣りや牧場仕事全般を担っています。

理由は、私はシングルプレイの経験があり、鉱山の戦闘に慣れているからです。

そしてフレンドは、そもそも牧場仕事が好きでstardew valley(スターデューバレー)を始めたので、やりたいことを優先して各自担当業務をこなしています。

2人で毎日共通しておこなう仕事は、朝の畑の水やりだけです。

序盤はスプリンクラーも作れず、全てプレイヤーが水やりをしなければならないため、エナジーもそれなりにかかります。

1人でやるとエナジーも結構かかってしまい、後に行動するエナジーが少なくなってしまうため、水やりだけは2人で一緒におこなっています。

とは言いつつ、たまに2人でのんびり釣りをしたりもしますよ。

あくまでゲームなので、みんなで仲良く楽しくできる方法を探してみて下さい。

お金の管理にご注意を!

マルチプレイでは、お財布を分割にするか共有にするか選択できます。

分割ではそれぞれがお金の管理をすればよいですが、共有にする場合はお金の管理には特に注意が必要しましょう。

序盤では、作物のタネを買ったり、カバンの拡張、道具の強化など、お金の使い道が多いですが、そのわりにはお金が稼ぎにくいです。

特にカバンや道具の強化などは、お財布を共有にしていても各自で購入しなければならないため、人数分のお金が必要です。

そのため、何を優先してお金を使うのかあらかじめ相談して貯めるようにしましょう。

ただお金が貯まってきたからお買い物をする、ということでは後から他の人が買い物をする時に困ってしまいます。

また作物のタネなどは、購入する個数を決めて買うようにしましょう。

作物は序盤から金策のために必要ではありますが、水やりだけでもそれなりのエナジーが必要なので、多くありすぎても大変です。

お金を使うときは計画的に。

まとめ

以上、stardew valley(スターデューバレー)のPS4版マルチプレイについて、やり方から序盤攻略情報を解説しました。

マルチプレイだと、自分の苦手な事でも、相方がしてくれたりして楽な場合もあります。

その分お金稼ぎも大変なので、各自が自分の担当にしっかり従事しましょう。

担当に従事する、なんていうと仕事をしているみたいですが、ゲームの中の話なので、のんびりゆったりでいいと思います。

stardew valley(スターデューバレー)はシングルプレイでのんびりもプレイするのも楽しいですが、マルチプレイだとみんなでワイワイやれて楽しいですし、畑や設備の配置などが自分と違ったりして、それはそれで面白味があります。

序盤は1人だと時間もエナジーも足りない!なんてことがよくありますが、そうした意味でもマルチプレイだと分担できて便利ですよ。

シングルプレイはやったことがあるけど、マルチプレイはやったことがない方は、この記事を読んでご興味があれば是非友達を誘って一緒にプレイしてみて下さい。

-Stardew Valley

© 2022 EXblog