YouTuber

Mondo apexのwikiプロフィール!本名や素顔、学歴、経歴もチェック

現在CR所属のMondoさんについて、wiki風のプロフィールで本名や素顔、学歴・経歴などをまとめました。

過去のプロチームや、現在のCR後の活動についても調べました。

また気になるApexの腕前についても解説したいと思います。

Mondoさんのwiki風プロフィールは?本名・素顔・出身・学歴

wiki風プロフィール

  • 本名?:나동훈(ドン・フンナ)
  • 出身:韓国
  • 学歴:公表なし
  • 生年月日:1998年7月3日(2021年現在で23歳)
  • 素顔:公表あり

https://twitter.com/mondo2233/status/1381591964227829762

(写真の一番手前がMondoさん・真ん中がCptさん・その右隣にSellyさん・一番後ろがRasさんです。)

本名は公表されているわけではありませんが、CRで同じ韓国出身のメンバーからこの名前で呼ばれることがあるそうです。

CR(CRAZY RACCOON)とは?

CR(CRAZY RACCOON)はesportsの発展を目的に2018年4月に結成したチームで現在は「Fortnite」部門、「APEX」部門、「Valorant」部門、「Talent」部門、「Streamers」部門、「Creators」部門の6部門があります。

CR(CRAZY RACCOON)の公式サイトはこちら。

出身は韓国で、国籍も韓国。

年齢は2021年現在で23歳。

また素顔については、MondoさんのTwitterから引用させていただきました。

同じく韓国出身のメンバーRasさん、Sellyさん、Cptさんと一緒に写っており、仲が良いことが伺えますね。

Mondoさんの経歴、ストリーマー転向

Mondoさんは、CRに加入する前は韓国のチーム「MVP」に所属していました。

現在同じCRのメンバーであるCptさんやRasさんも、CRに加入する前は同じMVPで活躍していた仲間です。

そして、CRにApex部門ができた時に、CptさんとRasさんと一緒にCRに移籍しました。

その後、Apex部門に同じ韓国出身であるSellyさんやZederさんが加入し、Mondoさんはストリーマー部門に移転します。

また、2021年4月1日に新設されたTinder部門にMondoさん・KUNさん・はつめさん・ソバルトさんの4名が移籍することになったことがCR公式から発表がありました。

Tinderとは、いわゆるマッチングアプリのことで、ゲーミングプロチームのCRがまさかマッチングアプリのスポンサーに?と騒然となりました。

もちろんこれは4月1日エイプリルフールの冗談であり、4日1日限定のものです。

とはいえ、実際に一時的ではあるものの、CRの公式サイトにもTinder部門のページがあり、ユーモアさが伺えますね。

その後、Mondoさんはストリーマー部門に移転、2021年現在でもApexを主軸に活躍されています。

そしてMondoさんがストリーマー部門に移転した後も、しばらくは「Tinder部門のMondoです」と挨拶することがあったそうで、Mondoさん自身も楽しんでいたご様子です。

使用デバイス

Mondoさんの使用デバイス

  • マウス:Finalmouse Ultralight 2
  • キーボード:Deck Francium Pro Keyboard
  • マウスパッド:Logicool G640r
  • ヘッドホン/イヤホン:ゼンハイザー IE 800 S

マウスはとても軽く、プロ御用達と言われるものを使用しているようです。

イヤホンはとても高価であり、カナル型のしっかり耳にフィットするタイプの物で、ゲーム中の小さな足音も鮮明に聞こえる、しっかりとした性能のものです。

Apexの実力

Mondoさんは、Apexでは過去のランクで世界3位の実力を持っています。

パスファインダーいうキャラクターでは「アジア1位」と称されるほどで、その腕前は今でも健在です。

そんなMondoさんですが、韓国出身ということもあり、日本語はまだまだ練習中とのこと。

それでも、動画内ではゆっくりですがしっかり日本語を喋れているように感じます。

動画のApexのマップにいる恐竜に対してテルミットグレネードを投げ「焼き鳥」と冗談をいうシーンでは、ユーモアさがあり思わず笑ってしまいました。

まとめ

以上CRのMondoさんについて、本名・出身・学歴・生年月日・素顔などwiki風のプロフィールをまとめました。

経歴についても、CRに加入する前からRasさんやCptさんと繋がりがあり、CR加入後もApex部門からTinder部門、ストリーマー部門と移転し、現在でも活躍なさっています。

Apex部門から移転しても、変わらずApexを中心に動画を投稿されており、その腕前はCRカップなどの大会でも伺えます。

また、動画内では日本語で話していることもあり、勉強中と言いつつもしっかりした日本語で、すごく努力して覚えているんだなということもわかります。

これからも長く活躍していってほしいです。

-YouTuber

© 2022 EXblog