ゲーム

【2022年】世界ゲームタイトルアクティブユーザーTop10【PC/PS5】

ゲーマーのみなさん、時折「世界的に流行っているゲームは何?」と、疑問に思ったことはありせんか?

この記事では「流行っているゲーム=アクティブユーザー数が多い」と捉え、世界のゲームタイトルのアクティブユーザーTop10【PC・PS5別】を調査してみました。

アクティブユーザーとは、ある期間にそのサービスを利用した顧客数のことで、流行りの指標になりえます。

※引用した情報は2022年3月のものですのでご注意ください。
※MAU(マンスリー・アクティブ・ユーザー)に基づきランク付けされています。

PC

引用:newzoo

まずはPCタイトルです。

全体的にみてPVPがメインのゲームタイトルが多いように感じますね。

PVPは、戦略性や心理戦などユーザー同士による対戦ゲームシステム固有の奥深さを、兼ねそろえている事も多いです。

その結果ユーザー離れを防ぎ、アクティブユーザーに繋がっているのかもしれません。

またFortnite、CS:GO、Apex LegendsなどTPS/FPS(サード・パーソン・シューター/ファースト・パーソン・シューター)も多く見られますね。

eスポーツ市場の規模が年々拡大している昨今、特にTPS/FPSは注目されているジャンルです。

TPS/FPSゲームは、状況把握、判断能力、反射神経、AIM力など要求される技術が多く、選手にとってもやりがいのあるジャンルだと思います。

観戦者もまた、選手のテクニックやプレイアブルキャラクター視点固有の臨場感など、見ごたえがあり、盛り上がる事ができます。

それ故にTPS/FPSはeスポーツ市場で注目をされており、またゲームアクティブユーザーに繋がっているのではないでしょうか。

PS5

引用:newzoo

次にPS5タイトルです。

PCタイトルと同様にPVPがメインのゲームタイトルが多いように感じますね。

特にFortnite、Apex Legends、GTAV、CoD:MW、Rocket Leagueは、PCタイトルとしてもランクインされており、とても人気のあるタイトルといえます。

またFIFA 22やNBA 2K22などのスポーツジャンルのゲームがランクインしていますね。

馴染みもありルールも認知されているスポーツジャンルは、家族で楽しめるため家庭用ゲーム機として相性が良く、人気になる傾向があるのでしょうか。

各タイトル概要

ここまで、世界のゲームタイトルアクティブユーザーTop10【PC・PS5別】を紹介しました。

特にここでは、PCとPS5の両方でランクインされているFortnite、Apex Legends、GTAV、CoD:MW、Rocket Leagueについてゲームタイトル概要を紹介します。

Fortnite(フォートナイト)

Fortniteは、基本プレイ無料のバトルロイヤルTPSゲームになります。

Fortniteのバトルロイヤルは、最大100人のプレイヤーで最後の1チームになるまで他のプレイヤーと対戦するPVPゲームです。

またこのゲームは、他のシューティングゲームにはない「建築」という要素があります。

建築では敵の銃撃を防ぐ壁を作ったり、高所に移動するための階段を作ったりすることができます。

バトルロイヤルモードの他にも、最大4人でゾンビを撃退する協力型CO-OPのPVEモードや最大16人の専用マップでプレイヤーが自由に建築できるクリエイティブモードなどがある。

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)

Apex Legendsは、基本プレイ無料のバトルロイヤルFPSゲームです。

Apex Legendsのバトルロイヤルは、最大60人のプレイヤーで最後の1チームになるまで他のプレイヤーと対戦するPVPゲームです。

各レジェンドは固有スキルを持っており、チーム内では異なるレジェンドを連択し出撃します。

このスキルは、一定時間無敵になれたり、敵の弾を防ぐ盾を展開できたりと様々。

スキルによって、戦略性が高くなったり、異なるスキルがシナジー効果を生み出したり、より一層ゲームを面白くしています。

GTAV(グランド・セフト・オートV)

GTAVは、GTAシリーズの第11作品目でオープンワールド型クライムアクションゲームです。

アメリカのロサンゼルスをモチーフにした広大なマップで、自分好みにカスタマイズした車を走行させたり、街中で発砲や強盗など、なんでもありの自由なゲームになります。

ミッション形式でメインストーリーが用意されていて、それをこなしていくのがこのゲームの趣旨です。

GTAシリーズではお馴染みの手配システムというものがあり、プレイヤーが傷害や強盗などの犯罪を犯すと警察に手配され、発見され次第追跡される、ある種警察が敵というゲームです。

またゲーム内にサイドミッション、カーレース、デスマッチなど様々なゲームモード・ミニゲームが用意されているのも人気な所。

CoD:MW(コールオブデューティ モダンウォーフェア)

CoDMWは、CoDシリーズの第19作目で戦争をテーマとしたミリタリーFPSです。

CoDシリーズはタイトルによって、ゲームモードが少しづつ違うのですが、本作ではキャンペーン、マルチプレイヤー、CO-OP、WARZONE(ウォーゾーン)の大きく4つのモードが用意されています。

様々なモードがありますが、基本は銃器を使用し、プレイヤーと競い合うゲームPVPです。

連続して倒すことで使える「キルストリーク」やキル数とデス数の比率である「キルレシオ」など、プレイヤーを行動にかりたてるシステムが上手く導入されています。

Rocket League(ロケットリーグ)

Rocket Leagueは、ジャンプなどができる特殊な車を操作して、サッカーを行う対戦ゲームです。

1vs1から4vs4、協力モード、対戦モードなど様々なゲームモードが用意されているほか、サッカー以外にも、バスケットボールやアイスホッケーなども用意されている。

車の外観を自分好みにカスタマイズできるのもこのゲームの魅力のひとつで、組み合わせは1000億以上あるという。

まとめ

以上、2022年世界のゲームタイトルのアクティブユーザーTop10【PC・PS5別】でした。

ランクインしたタイトルの大方は、海外ゲーム(洋物ゲーム)でした。

海外ゲームを普段プレイしない方は、初めて聞くタイトルもあったのではないでしょうか。

-ゲーム

© 2022 EXblog